レスベラトロールとは

ヴィトックスα

 

レスベラトロールは、ぶどう等に含まれるポリフェノールの一種です。

 

ポリフェノールとは、植物にしか作る事が出来ない成分で、レスベラトロールの他に有名な物を挙げると、お茶の「カテキン」や、ブルーベリーの「アントシアニン」などがあります。

 

レスベラトロールは、ブドウの茎や皮などから抽出されるエキスの中に微量に含まれる成分で、ポリフェノールの一種です。赤ワインにも含まれています。

 

どれも人間の健康にも役立つとして、一度は聞いた事があるのではないでしょうか。

 

植物は私たち動物と違って、外敵から襲われても動いて逃げる事が出来ません。

 

この為、害虫や紫外線、病原菌からからだを守る為に、自ら外敵から守る為の成分を作り上げます。

 

つまり、ポリフェノールは、植物の生命力が作り出した「奇跡の栄養素」といえるのではないでしょうか。

 

ハーバード大学のデービッド・シンクレア博士の研究チームは、このレスベラトロールが酵母の寿命遺伝子であるSir2(サーツー)遺伝子に直接作用し、活性化させていることをつきとめました。

 

レスベラトロールはサーチュイン遺伝子に直接作用し、活性化すると考えられます。つまり、レスベラトロールを摂取することによって、つらいカロリー制限をしなくても、サーチュイン遺伝子が活性化し、老化抑制効果が期待できます。

副作用はある??

ぶどうの果皮など、通常の食品に近い成分で、これまで特に問題となった副作用や健康被害の報告はありませんので、安全性が高い成分です。

 

サプリメント等で摂取する場合は、メーカー推奨の摂取量を守るようにしましょう。

 

又、これまで他の医薬品との相互作用は知られていませんが、念のため医薬品と併用する場合には、医師と相談の上利用するようにしましょう。

 

レスベラトロールの多くは、ブドウなどから抽出されたものですが、海外ではイタドリという植物から抽出されたものも流通しています。

 

イタドリの根茎は、コジョウコン(虎杖根)という生薬の医薬品原料なので、日本では食品の原料としては使えません。

 

レスベラトロールの純度によっては緩下作用などの生薬の効果が発現するかもしれません。

 

レスベラトロールの含量が多いという理由で、日本では馴染みのない植物から抽出されたものも数多くあり、原材料の表示や含有量についてよく確認したほうがよいでしょう。